2014年06月25日

「和食のプロから学ぶ 温故知新セミナー」、6月は神奈川の食材、三浦のカボチャと冬瓜。


4月から大手町の農業農村ギャラリーで実施されている、日本橋ゆかり三代目・野永喜三夫さんの「和食のプロから学ぶ 温故知新セミナー」は、先月は東京・八王子産の新玉ねぎと高月清流米で、当ブログで紹介した。
4月に続いて神奈川県三浦産で、今回はカボチャと冬瓜だった。



1-1.jpg


上の写真をクリックする
今回も、早くから満席の予約。

首都圏の農産物を使って、和食のプロから学ぶセミナーも定着したようだ。

11時からスタッフの打ち合わせが始まったが、
野永さんも素材の良さから、JA三浦市の取組について高梨正夫共販部長に聞いていた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介