2014年08月04日

世田谷区立学校栄養職員会へ、「農」のある暮らしづくりのアドバイザーとして派遣された。


6月だったか、世田谷区立 用賀中学校の栄養士 石黒正子さんから電話をもらった。
世田谷区立学校栄養職員会の栄養士夏季研修として、江戸東京野菜の話を聞きたいという。

世田谷区では、過去にNPO提案型協働事業 「地域に根ざした食と農の講座」や、保健所から依頼されて「世田谷区高校生食育プロジェクト」にも伺っている。

 

1-1.jpg

石黒さんの話では、同区学校栄養職員の皆さんも江戸東京野菜に注目していただいているようなので、喜んでお引き受けした。

同区立小中学校の栄養職員 11名が、先日、用賀中学校に集まった。 
依頼されたテーマは、「 江戸東京野菜、その普及について」を1時間ほどでと云うことだった。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等