2014年08月09日

式年遷宮が行われたお伊勢さんに、お参りをしてきた。


昨年10月、式年遷宮が行われたお伊勢さんに、更なる江戸東京野菜の復活普及を祈願してきた。
向笠千恵子先生の「すきや連」からのお誘いで、10年ぶりかで、伊勢市駅に降りた。

暑い日だった。
神宮に正式参拝するので、ジャケットにネクタイ着用という指示だったので、暑いこと。



1-1.jpg

地元伊勢市「豚捨」の森大亮社長のご案内で、伊勢市駅から、外宮の豊受大神宮まで参道を歩いて5分。

上の写真をクリックする
御祭神の豊受大御神は、お米をはじめ五穀の豊穣、衣食住の恵みを与える産業の守護神である。
第21代雄略天皇の22年(約1500年前)に、丹波国(現在の京都府・天橋立付近)から天照大御神の食事を司るために呼び寄せられたという。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報