2014年08月10日

第18回 すきや連例会(26年夏例会)が伊勢市「若柳」で開催された。


第18回「すきや連」の例会が、昨年式年遷宮が執り行われた神宮の鎮座する伊勢市で開催された。

会場は、明治42年から、伊勢牛を守り育て販売してきた伊勢市の「豚捨」(ぶたすて)が経営する「若柳」。

今回も参加させていただいたが、そもそも、2013年2月に開催された14回の例会で卓話を依頼されて以来、主宰する向笠千恵子先生(江戸東京野菜コンシェルジュ育成協議会顧問) のご配慮もあって、毎回、住吉史彦事務局長(浅草「ちんや」6代目主人) からご案内をいただいている。


1-1.JPG

上の写真をクリックする
例会は、恒例の住吉事務局長が打つ拍子木で開会、向笠先生の挨拶で始まった。

すきや連の例会が、三重県で行われるのは、2012年2月、松坂市の和田金で開催されて以来だそうだ。
昼過ぎに到着後、神宮の御垣内参拝を行ってから予約していたホテルにチェックイン、例会が18時開会と云うことで、改めて出かけてきた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介