2014年10月07日

押上「よしかつ」で、「府中御用ウリ」と「鳴子ウリ」の栽培、指導に取り組んた方々と慰労会を開いた。


昨年から、復活に取り組んだ「真桑瓜」は、府中市では「府中御用ウリ」、新宿区柏木では「鳴子ウリ」として、試作をしていただいたが、

今年、当研究会として、府中市では市立小柳小学校と市立本宿小学校、新宿では区立柏木小学校で取り組んでいただき、地域の歴史を学び、栽培後には、果実を生徒達が食べる等、一応の成果を上げることができたと自負している。

上の写真をクリツクする
今年、「府中御用ウリ」の苗づくりと、栽培し果実を提供していただいたのが、府中市西府の石川孝治さん。

また、「鳴子ウリ」の苗づくりと栽培に取り組んでくれたのが、西東京市の矢ヶ崎宏行さんで、果実は成子天神社に奉納し、学校にも提供してくれた。

また、柏木小学校の栽培指導をしていただいたのが梶谷正義先生て、学校で栽培したものを生徒達が食べることが出来た。




0-1.JPG

そんなことで、先日、「ご苦労さん会」をしたいと、押上「よしかつ」に集まってもらった。

上の写真をクリックする
梶谷先生には、「よしかつ」のことを、東京の食材にこだわった店があると話していたので、お誘いしたわけだが、
石川さんは、同店の主人佐藤勝彦さん(江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座講師)に府中御用ウリを販売していたから、一度行ってみたいと云っていた。

それでは来年度に向けて、マクワウリ栽培の「慰労会」として、矢ヶ崎さんも誘って開催したもの。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種