2014年11月05日

江戸東京野菜の収穫現場を撮影したいと、雑誌社の編集部からメールが届いた。

先々週、ある雑誌社の編集部から、江戸東京野菜の収穫現場を取材したいとメールがあった。
夏の頃に、江戸東京野菜の生産から消費に至る現状について、お話したことがあったので、ようやく掲載スペースがとれたようだ。

この時期、江戸東京野菜を収穫している農家で思いついたのが、小平市の岸野昌さんで滝野川ゴボウを収穫していると聞いていたので、電話をすると、東京都農業祭に出展するのを掘るから来てくださいと了解を戴いた。

西武新宿線の小平駅で待ち合わせをしたが、岸野農園は小平駅から南へ旧青梅街道沿いに在り、徒歩で10分ほどだ。
カメラマンと、ライター、そして編集部でも東京の農家を見ておきたいと3人でやって来た。




1-1.jpg

岸野さんは、滝野川ゴボウに魅されて3年前から栽培に取り組んでいるが、昨年、ごぼうを掘るために大型のトレンチャーを購入してから、トレンチャーによって楽に深く掘れるようになってから、良質の滝野川ゴボウを生産できるようになっていた。

トレンチャーでゴボウの脇を掘り起し、次に鉄の棒をゴボウの脇に突き刺すことで周りの土を崩してゴボウを抜き取ると云う、その一部始終をカメラに納めていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達