2014年11月06日

第43回東京都農業祭 〜ふるさとの食 にっぽんの食〜 が2日〜3日の両日、明治神宮宝物伝前で開催された。


今年は、1日が晴れで、2日、3日の両日、雨と云う予報で心配していた。

11月3日は明治神宮の御祭神・明治天皇の誕生日で、崩御後に「文化の日」となったが、現在は、明治神宮の秋季例大祭が行われている2日、3日の両日に、会場をお借りして毎年東京都農業祭を行っている。
 


1-1.jpg

かつて、東京都農業祭は、都内の空き地を探して、各市町村を回っていたこともあった。

当時は、新嘗祭の11月23日に開催していたが、会場を固定しないと、会場探しだけで労力を費やすことになるからと、昭和54年の第9回から、明治神宮をお借りして開催ている。

上の写真をクリックする
昭和55年の第10回から2日3日の、明治神宮例大祭に合わせることで来場者も期待できることから、開催日を固定している。

3日は特異日と云うことで、30数年の歴史の中で、1日中雨だったということは、1日もない。
実行委員会の須藤正敏会長も挨拶の中で、天候のことが心配だったと述べていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介