2014年11月08日

「江戸東京野菜 四ッ谷菜園の会」のメンバーがオテル・ドゥ・ミクニで懇親会。


「江戸東京野菜 四ッ谷菜園の会」では、これまで何度が集まって栽培の勉強会をしてきたが、会員同志の懇親を深めるために、四谷の「オテル・ドゥ・ミクニ」で会食会を開催した。

「オテル・ドウ・ミクニ」は、JR四谷駅から「四ツ谷菜園の会」の屋上菜園がある絵本塾出版に向かう途中にあり、同出版までは100mほどの距離にある。

園主の尾下千秋さんには、三國清三シェフは地産地消を進める中で、江戸東京野菜にも理解を示してくれていることをお伝えしていたので、一度皆さんで行きましょう!、という話になっていて、先日、予約に行ったことは当ブログで紹介した。



1-1.jpg

三國シェフは、江戸東京野菜を東京のおもてなし食材として評価していただいているので、その経緯について資料を作成し、皆さんに説明する予定だったので、他のお客様に迷惑が掛からないように2階の個室をお願いしていた。

上の写真をクリックする
会食に先立ち、「地産地消と三國シェフ」の資料を、ソシエテ・ミクニの岡本孝一さんにお願いして印刷して配ってもらった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜