2014年11月22日

小金井で開催された「PARC自由学校」2014年度秋講座で江戸東京野菜を語る。


7月の末にNPO法人アジア太平洋資料センターの高橋真理さんからメールをもらった。

何でも「PARC自由学校」2014年度秋講座を開催するが、江戸東京野菜の話をしてくれと云う。

依頼された講座は、「種」を学ぶと云うもので、”種・タネ・たね!” 〜種の世界へようこそ(仮)〜 10月から来年1月まで7回にわたるもので、7人のオーソリティーが講演するが、3人目として、江戸東京野菜を依頼されたもの。




1-1.JPG

依頼文には
「よく知っているようで知らない種のことを、固定種・在来種を中心に、さまざまな角度からとらえ直します。
代々、地域で受け継がれてきた在来種・固定種を未来へ繋げることの大切さと、各地で種を守るための取り組みを知り、
種から広がる大きないのちの循環やいとなみを感じることができればと思っております。

種を取り巻く危機的な現状を知り、私たちができることは何か、未来についても語り合います。
クラス終了後には、在来種・固定種の種を1粒播いてみたくなるようなクラスを目指しています。」とあった。

そして、チラシも出来て送ってくれた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等