2014年12月12日

小学館の「BE・PAL」1月号で、江戸東京野菜の取り組みが紹介された。


6月だったか、小学館のライフスタイル誌「BE・PAL」編集部の加治佐奈子さんから電話をもらったことがあった。
たまたま、近くまで行く用事があったので、一ツ橋の編集部に伺ったが、江戸東京野菜を読者に栽培させるような企画に協力を求められたが、スタッフが江戸東京野菜への思いが強くないと続かないと・・・・。

大澤竜二編集長は興味を持っていただいてい、その後、率先垂範、江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座の入門編にご参加も戴いた。





1-1.jpg


10月中頃、加治さんから再びメールを戴き、まず、江戸東京野菜を読者知ってもらうことから始めるので、「江戸東京・伝統野菜」の取り組みについて、連載「ゲンキな田舎!」Case124として、12月10日発行の1月号4頁で取り上げるという。

何でもこの連載は、地域おこし、グリーンツーリズムなど、地域で行われているさまざまな取り組みについて取り上げている、人気の連載だという。

上の写真をクリックする


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介