2014年12月13日

あらかわの伝統野菜「三河島菜の季節がやってきました」と荒川区が広報。


先日、江戸東京野菜コンシェルジ育成講座を受けた方々と西東京市の矢ヶ崎農園を農家見学で訪れたときは、立派に育っていた青茎三河島菜の茎をバーニャカウダーで戴いたが、筋もなくサクサクとした食感はおいしかったことを当ブログでも紹介したが、

三河島菜の季節がやってきたのだ!



yuチャ.JPG

上の写真をクリックする
江戸東京野菜の青茎三河島菜は、荒川区の観光資源だと、様々なイベントを企画・展開している荒川区観光振興課の谷井千絵課長が、

今年も三河島菜のシーズンになったので区の広報誌に掲載したと「三河島菜の季節がやってきました」の情報を送って戴いた。

にっぽりマルシェで三河島菜を販売。
12月20日(土)10時から

芭蕉ランチ〜三河島菜フェアレストランさくら
日替わりランチ 500円
来年1月26日(月)〜30日(金) 11時〜14時

日替わりランチは昨年好評だった。 


posted by 大竹道茂 at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰りした三河島菜

12月の練馬の風物詩 「練馬大根引っこ抜き競技会」が晴天の元、練馬区南大泉の畑で開催された。


第8回 練馬大根引っこ抜き競技会が晴天に恵まれた練馬区南大泉の富士街道沿いにある井口留弘さんの畑で開催された。

この大会、練馬区に住んでいながら、練馬大根を食べたことが無い世代が増えたことから、練馬の子供たちに食べさせようと始まったもの。

そもそもは、JA東京あおばが、練馬大根を学校給食に使えないかと練馬区長に要請し、実現する事になった。

しかし、練馬大根は栽培してくれる農家はいるものの、何千本も抜く人がいないことから、区民の皆さんに抜くのをお手伝いいただこうと開催されたのが、この競技大会だ。




1-1.JPG

今年の募集は、選手権の部が200名、グループ参加の部が100組(15歳以下の方5名までと保護者)だが、募集が始まって、数日で「グループ参加の部」は締め切られるなど、人気のほど伺われる。

最終的に参加アスリートは、516名だった。

上の写真をクリックする。
写真上右、大会会長の、前川燿男練馬区長、
写真上左から、大会副会長の榎本高一JA東京あおば 代表理事組合長、と大会委員の  市村保、練馬区産業経済部長、

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根