2014年12月18日

江戸東京野菜コンシェルジュ育成協議会の「冬の江戸東京野菜セット」販売に、喜びのメールが届いた。


今年も「冬の江戸東京野菜セット」販売を実施すると、11月19日の当ブログで紹介したら、リピーターの方々と、そこから口コミで広がったらしく、数日で50名の枠がいっぱいになったと、嬉しいメールが担当の上原恭子さんから届いた。

私も、友人たちに贈ろうと思っていたが、遅かった。





1-1.JPG


今回作業場を提供してくれたのは、江戸東京野菜コンシェルジュの矢ヶ崎宏行さんで、午後から空けていただいた。

青茎三河島菜は、宮寺光政さんが、運んできてくれた。

練馬ダイコン1本、馬込三寸ニンジン2本、青茎三河島菜1個、品川カブ2本、内藤トウガラシ1束、金町コカブ2個、亀戸ダイコン2本、後関晩成(伝統)小松菜1束、しんとり菜1束、拝島ネギ2本に、レシピ集。

今回初めて加えた拝島ネギは、鈴木勇作さんが分けてくれた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業