2015年01月02日

東京町田の鈴木喜美夫さんが伝統野菜「小山田ミツバ」の復活に手応え。

JA町田の元常任監事をされていた坂井睦生さんから、電話がかかっていきた。
今、小山田に来ていて、伝統の小山田ミツバの収穫に立ち会っていると云う。

7月、2014年の江戸東京野菜追加審議をする、JA東京中央会の江戸東京野菜推進委員会で、委員のひとりJA町田ふれあい課の石井学課長から、町田の伝統野菜小山田みつばが竹林ののり面で見つかったと、その写真を見せてもらったことがあった。

石井課長には、そのうちに見に行きたいとお願いしていたが、行く機会を逸していたので、坂井さんに電話を石井課長に変わってもらい、収穫の写真をいただきたいとお願いした。




1-1.JPG

小山田ミツバ生産者の鈴木喜美夫さんご夫妻と坂井睦生さん(右)。

石井課長は委員として、地元の小山田ミツバを復活しようと、情報を収集。
小山田地区でミツバの存在を確認。かつて栽培していた鈴木さんに栽培を依頼し、試作をしてもらうまでになったもの。

上の画像をクリックする
鈴木さんのお宅のムロの中で、栽培されるミツバ。

「うど」などの軟化栽培は、光に当てないのだが、小山田ミツバはムロに扉をつけて外からの光を遮断するが、ムロ内では天井から吊るした裸電球を適度につけて色を付ける。
この適度が、難しい技術のようだ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達