2015年01月03日

3日讀賣新聞に折り込まれた「東都よみうり」に、江戸東京野菜が紹介された。


(株)東都よみうり新聞社が週1回発行する「東都よみうり」の新年号が送られてきた。

同紙は読売新聞の姉妹紙で、墨田区、江東区、江戸川区、葛飾区と、港区の台場地区と台東区の浅草橋地区の20万世帯に折込紙(8頁)として配布しているもの。

地域に密着した話題が多いから、楽しみにしてくれている読者が多いと聞いている。



1-1.JPG

上の画像をクリツクする
4頁に、「40品目に達した江戸東京野菜」を掲載したうえで、地元江東地区の話題として、昨年実施した川の駅・旧中川「そらまめ祭り」で紹介した、伝統野菜「中川そらまめ」の復活の動きを取り上げている。

また、江東区立第五砂町小学校が行っている「種の贈呈式が恒例行事」「砂村一本ネギ 育てる五砂小」が、取材されている。

見開きの5頁には、「学校給食今昔よもやま話」「家族の食卓が変われば給食も変わる」として、葛飾区教育委員会学務課の情報提供を得たようだ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介