2015年01月08日

フードジャーナリスト、食文化研究家の向笠千恵子先生が東京の農家訪問


フードジャーナリスト、食文化研究家の向笠千恵子先生には、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の顧問として、お力添えをいただいている。

昨年の暮れに、「冬の江戸東京野菜セット」を食べていただいたことで、生産者にお会いしたいというので、ご案内することになった。

向笠先生をご案内したのは、2013年の2月に東京ウドの須崎雅義さんのウド室をご案内して以来だ。





1-1.JPG

向笠先生から訪ねたいという希望農家を主に何軒かの農家をセットしたが、朝から3軒に伺っただけで時間がくなり、後日、改めてと云うことになった。

上の画像をクリックする

今回は練馬大根の渡戸章さん、早稲田ミョウガの井之口喜實夫さん、江戸東京野菜を色々と栽培している西東京市の矢ヶ崎宏行さんを訪ねた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達