2015年01月09日

「BE・PAL」1月号「ゲンキな田舎!」取材こぼれ話がウエブに掲載された。


小学館のライフスタイル誌「BE・PAL」1月号に、江戸東京野菜が紹介されたが、

ビーパル地域活性化総合研究所主任研究員の、鹿熊勤さんは、「グリーン・ツーリズム&ローカル・ビジネス」の成功方程式を解く調査レポートとして掲載頂いたものだった。

その後、編集部の加治佐奈子さんから、
「ウェブのほうでも、本誌に掲載しきれなかった部分を記事にしております。」とのメールを戴いた。





1-1.JPG

「BE・PAL」1月号「ゲンキな田舎!」取材こぼれ話 多種多様 !  TOKYO発の ”江戸東京・伝統野菜” がそれで

上の画像をクリツクする
さすが鹿熊さんは、促成栽培の話も切り捨てないで書いてくれた。

促成栽培の歴史は江東区砂町の志演尊空神社に、江戸東京の農業説明板を建ててある。



posted by 大竹道茂 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介