2015年01月11日

コンパクトな展示「探検!体験! 江戸東京」、江戸東京博物館に出かけた。


先日、秋葉原まで行く用事があって出かけたが、早く済ませて時間が空いたので、両国まで足を延ばして江戸東京博物館に行ってきた。

チケット売り場まで来て分かったが、常設館はリニュアル中で、現在は「探検!体験! 江戸東京」、常設展示のエッセンスを集めてコンパクトな展示になっているという。

展示室に入るところで係の方に撮影について尋ねると、展示されている「小判」以外は、ストロボを発光させなければいいということだった。






0-1.JPG

上の画像をクリックする
徳川家康木造

芝東照宮(原資料所蔵)


芝東照宮は芝公園4丁目にあるが、明治初期の神仏分離のため、増上寺から分かれて東照宮と称している。
芝増上寺は天正18年(1590) 家康の江戸入府の折、徳川家の菩提寺に定められた。

家康没後は、増上寺境内の安国殿に東照大権現として御神体となったのがこの木造。

これは、慶長6年(1601)正月、60歳を迎えた家康が、自ら命じて彫刻させた等身大の木像で、

家康は死に臨んで、駿府城に見舞いにきた増上寺の僧侶に、「像を増上寺に鎮座させ、永世国家を守護なさん」と遺言していた。

昭和38年(1963)に木像が東京都重要文化財に指定された。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報