2015年02月08日

農政ジャーナリスト鈴木俊彦さんの出版を祝う会が開かれた。


かつて「家の光」の編集委員室長、電波報道部長など歴任された鈴木俊彦さんは、2003年退職後、農政ジャーナリストとして、数々の出版物を著していていたが、

このほど「激動の時代と日本農業の活路」を東京農大出版会から発刊し、有志の皆さんにより、先日、東京農大グリーンアカデミーで、「・・・出版を祝う会」が開催された。

開会にあたって、発起人を代表して、コメ政策研究の第一人者で東大名誉教授の佐伯尚美先生と、元協同組合経営研究所理事長の福間莞爾先生が、鈴木さんの功績や日頃の活躍の一端などを紹介された。





1-1.JPG

会場には、NPO法人・良い食材を伝える会「食材の寺小屋」の塾長をされていて東京農大客員教授の中村靖彦先生が鈴木さんと親しく話し合われているところを、了解を得て撮らせて戴いた。

上の画像をクリックする
挨拶する福間先生と、この度、発刊された著書。

これまでは、「農政経済の伏流と実相」と「昭和を彩った作家と芸能人」は贈っていただいた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介