2015年02月09日

「焼きいもが好き!」が農文協から出版された。


野菜応援団シリーズの八田尚子さんが、今度、農文協から編集と執筆にかかわった「焼きいもが好き!」が出来上がりましたと送ってくれた。

かつてはリヤカーの後ろに芋を焼く窯を積んで売りに来たものだが、昨今では、スパーの片隅で焼いているところも目にする。



1-1.jpg

上の画像をクリックする


この本、日本いも類研究会の「焼いも研究チーム」が企画編集したとある。
そんな研究会があるんだ・・・

焼きいもの魅力を広く探ろうという目的で平成22年(2010)6月に研究チームが発足したそうで翌年11月には「国際焼き芋交流フォーラム」が開催されたとか・・・・。

同書の「サツマイモ・焼きいも年表」にもあるが
薩摩芋が江戸で栽培されたのは、享保20年(1735)、青木昆陽が八代将軍吉宗の命を受けて、江戸小石川で薩摩芋の試作に成功している。

その後、寛延4年(1751)に埼玉県所沢で川越いもが作り始められていて、取材に行ったことがある。

寛政5年(1793)には、川越(現所沢)から新河岸川を舟で江戸に運ばれ、江戸に焼きいも屋が表れ、評判となって普及した。

東京では、東京金時のブランド芋があったが、今は栽培されていない。



posted by 大竹道茂 at 00:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介