2015年02月15日

福島県南相馬市立高平小学校で、二宮尊徳の胸像に巡り合う。


先日、「子どもに笑顔を!」プロジェクトで南相馬市立高平小学校に伺ったが、「二宮尊徳翁像」の石造りの胸像が校庭を見つめていた。

珍しい像なので、裏にまわってみると、建設は昭和16年5月3日とあっが、その年の12月に太平洋戦争は始まった。

当時の経過は、同校には残っていないようだが、政府は武器生産に必要な金属類の不足から、昭和17年、18年には金属供出を行っている。
これにより、全国の銅像や寺の梵鐘等が供出され、小学校にあった二宮金次郎の薪を背負った銅像は溶かされてしまい、同校の銅像も作って1〜2年で供出されてしまったようだ。






尊徳 (2).jpg

上の画像をクリツクする。

昭和49年9月8日に胸像建設の文字も掘り込まれていることからすると、30年近く経って空いていた台座に、この二宮尊徳翁の胸像が建設されたようだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報