2015年02月17日

第5回 高円寺演芸まつり「うおこう寄席」で、江戸東京野菜を食べていただいた。


2月6日から開催していた「第5回 高円寺演芸まつり」は、当ブログでも案内していたが
最終日15日の「うおこう寄席」は、「江戸落語を聴いて、江戸東京野菜を食べよう」で、お目当ては二つ目の立川吉笑さんだ。

「うおこう寄席」の席亭さんで、女将の松井つるみさんは、普段は鮮魚店に併設された居酒屋「うおこう」の女将だが、若手落語家の吉笑さんが前座の時から贔屓にして、うおこう寄席で、出番を作ってきた。

初めて、うおこう寄席に伺ったのは、第2回からで、松井さんが江戸東京野菜の復活、普及に取り組み始めた頃で、毎回大勢来てくれていた

女将は、支援するようになってから、吉笑さんに江戸東京野菜が出てくる落語を作ってくれるように、再三にわたって頼み込んでいて・・・・、作ってくれたのが「大根屋騒動(自作)」だった。

その事は、1席目の「十徳」の枕で、女将さんに会うたびに頼まれたと、面白可笑しく話して笑いを取っていた。




1-1.JPG

上の画像をクリックする
少し早目に行っていたら、江戸東京野菜コンシェルジュで地元の飯田恵美子さんが、女将の手伝いをしてくれていた。
またコンシェルジュ3期のお二人、佐藤恵美さん、武田美也子さんが、聴きに来てくれた。

杉並在住で東京都綱引き連盟理事の渡辺修也さんもチラシを見て来てくれた。

また、予約なしで、当日、表のチラシを見て入ってくるお客さんも結構いて、会場は30人の満席だった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介