2015年02月19日

神楽坂野菜計画と、江戸東京野菜で神楽坂の住民を元気にしようという皆さんにお会いした。


江戸東京野菜四谷菜園の会(園主尾下千秋氏)が、昨年5月に発足し、講師の宮寺光政さんが栽培指導を行っているが、9月には、江戸東京野菜の物語についてもお伝えしたことは、当ブログで紹介した。

そんな中で、同会メンバーのひとり、「ファミリーコーチPROJECT」を主宰している廣田加代美先生から、神楽坂で江戸東京野菜に取り組みたいので、協力をしてほしいとのお話を戴いていた。






1-1.JPG

同会メンバーには、神楽坂野菜計画を運営する(株)アグリコネクトの伊東悠介社長がいて、先日、同会の勉強会があった日の午後、廣田先生のオフィスで打ち合わせがあるというので、宮寺光政さんと神楽坂に伺ったが、途中、牛込中央通り沿い細工町の「神楽坂野菜計画」の店に立ち寄った。

上の画像をクリックする
時間が昼過ぎだったが、各地のこだわり野菜が並んでいた。

お店の棚に絵本塾出版の「まるごとトマト」が置いてあった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動