2015年03月05日

「和食」と「伝統野菜」を語る夕べが、3月2日(月)に、「日本外国特派員協会」で開催された。


昨年、インターネット飲食店検索の「(株)ぐるなび」が、農林水産省の事業として
全国5会場で、「生産物のブランド化と知的財産権活用セミナー」が行われ、4会場で、江戸東京野菜の事例を紹介した。

また、伝統野菜PRデーとして、商談会が行われたことも、当ブログで紹介した。

今年は、『「和食」と「伝統野菜」を語る夕べ』を、3月2日(月)に、有楽町電気ビルの「日本外国特派員協会」で開催するから、この時期に出せる江戸東京野菜をリストアップして欲しいと、昨年お世話になった、(株)ぐるなびの京極政宏グループ長から1月の末だったか依頼があった。

先日企画が、詰まって来たので、当ブログで紹介している。


1-1.JPG

上の画像をクリックする
当日、料理に使うものは、亀戸大根、しんとり菜、東京うど、早稲田茗荷たけ、がディスプレーとして飾られた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介