2015年03月27日

「和食のプロから学ぶ 温故知新セミナー」、3月は、東京うどを初め東京の季節食材。


首都圏を中心に毎月1回、大手町の農業・農村ギャラリーで開催している「和食のプロから学ぶ 温故知新セミナー」。

東京の食材としては昨年の8月に八王子市のパッションフルーツ、ピーマン、玉ねぎ、TOKYO X、の食材で実施されたが、26年度最後に東京が回ってきた。



1-0.JPG

三代目の野永さんにこのセミナーの講師をお願いした立場から、行かなければいけなかったが、今回は、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の納所二郎理事長が出席してくれた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:42| Comment(1) | TrackBack(0) | イベントの紹介