2015年05月13日

全国各地の産品に興味がある方、「ちよだいちば」の、アルバイトスタッフを募集、締め切り間近。


NPO法人 農商工連携サポートセンターの大塚洋一郎代表理事からメールを戴いていた。

同NPOでは、「食」と「農」の新しい出会いをサポートすることをミッションとして、2009年7月から活動していて、かつては「ちよだプラットホームスクウェアー」と云っていた常設店、

現在は「ちよだいちば」で、全国各県の市町村の人たちが強い思いを持って生み出した、まだ知られていない産品を都会の人たちに伝え、都会の消費者がその産品を通してその地域に興味を持ってもらう出会いの場だ。

昨年2月、「ちよだフードバレーネットワーク」が発足し、千代田区と地方19市町村の人と物の双方向の交流を目指していて、常設店「ちよだいちば」は「ちよだフードバレーネットワーク」の一環として昨年6月にオープンした。



1-1.JPG

常設店「ちよだいちば」では、アルバイトスタッフを募集している。

上の画像をクリックするとアクセス。
週1日〜3日、1日4時間、学校や家事の合間にお仕事できます。
主なお仕事の内容は
日本全国の市町村から送られてくる生鮮品や加工品の陳列、POP作成、販売、ミニイベント企画、簡単なレジ操作と仕入れた商品を使って作るお惣菜やスイーツなどの企画、調理補助です。

各地の産品に興味がある方、お客様とお話することがお好きな方、また、現在農業や地域活性化について勉強中の方、などなどお店を媒介に地域と都市をつなぐ「橋渡し役」としてのお仕事に関心のある方に向いたやりがいのある内容です。

募集の締切が15日と迫った。詳細はこちら



posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報