2015年06月15日

第3回「伝統の江戸東京野菜」は、砂村地域の江戸東京野菜を話す。


「伝統の江戸東京野菜」講座の前回第2回は、「江戸東京野菜とは」として、概論をお話したことは、当ブログで紹介したが、
第3回も、砂町区民館で「砂村地域の江戸東京野菜」に絞ってお話をした。

前段で、江東区の皆さんに、江戸東京野菜を伝えるきっかけになったのが、
2008年の「田圃の学校」だったり、「えこっくる江東」での江戸東京野菜の講座だった。

農地の無い江東区の皆さんは、江東区の歴史を背景に農業に対して真摯だったと・・。



1-1.JPG

江戸の昔、亀戸は水田が主で、畑は香取神社と水神宮の付近にあったと史実にある。

4丁目の常光寺の西に、北十間川の地蔵河岸があったが、その北にあった畑で亀戸大根の採種を行っていたようだ。

亀戸、大島辺りからも相当畑作物が生産されていたようだが、砂村の生産物は、小名木川の北を流れる竪川筋の四ツ目市場よりは、両国橋際の市場や神田市場に多く出荷していたようだ。

亀戸では大正8年まで農業が行われてた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

天皇の料理番「秋山徳蔵」のレシピをアレンジ、新宿御苑 STUDY & CAFÉ でお楽しみください。


6月27日、天皇の料理人「秋山徳蔵」のレシピを、新宿御苑レストランゆりのきの伊藤秀雄総料理長が、江戸東京野菜等を使ってアレンジした午餐(ランチ)をお楽しみください。

スタディーは、現代に受け継がれる、知られざる新宿御苑の歴史を本荘暁子さん(新宿御苑広報企画担当)が、当時の新聞や雑誌などの資料を紐解きながらご紹介します。


rererチャ.JPG

お申し込みは、上の画像をクリックして


posted by 大竹道茂 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業