2015年07月18日

『オリンピック・パラリンピック教育推進校』の北区立稲付中学校サタデースクールで、江戸東京野菜の授業。


北区立稲付中学校(武田幸雄校長) が毎年実施している土曜公開授業のサタデースクールで、今年も6月に、1年1組と2組に江戸東京野菜の話をさせていただいたが、今回は3組と4組の授業。

少し早めに着いたが、受付の「2階校長室までお越しください」の案内で、階段を上ったところは、佐藤綾子栄養教諭が指導する給食委員会のスペースで、これまでは「地産地消」として東京産の肉、魚、野菜について紹介していたが、今月になって貼り換えられていた。




1-1.JPG

給食委員会として、
「稲付中学校では平成25年度より『オリンピック・パラリンピック教育推進校』としてオリンピックを開催してきた国の勉強をします!

給食でもオリンピック開催国の料理について勉強しています。!

稲付中で実施した、オリンピック開催国の、給食メニューと、その国についてまとめてみました!」とある。
続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組