2015年09月06日

三國シェフが、2020年に向けたビジョン「食で観光立国を目指す。」を語る。


先日、横浜ベイホテル東急で行われた、飲食店経営者、外食ビジネスに携わるオピニオンリーダーを対象にしたセミナーが開催された。

午後からの基調講演として、オテル・ドゥ・ミクニの三國清三シェフが、ラグビーワールドカップ2019組織委員会顧問、TOKYO 2020−東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問という立場で登壇するというので、特別に席をとってもらった。



1-1.JPG

演題は
「レストランが食文化を向上させる」食で観光立国を目指す。
〜2020年に向けたビジョン〜


ウミネコが鳴く、北海道増毛の海、ニシン漁、江差追分の歌が流れる・・・・・。
ビディオが終わったところで、三國シェフの登場。

上の画像をクリツクする
三國シェフは、料理人を目指すまでの話を、笑いを取りながら面白く話す。
貧乏で高校進学をあきらめ、手に職を付ければ生きて行けるだろうと料理人を目指したと云う。

中学を出て、札幌の米屋に丁稚奉公をしたときに、そこのお嬢さんが栄養士で、ハンバークを作ってくれた、食べたこともない真っ黒な物。
初めてのハンバークとの出会いでは、食べるのを躊躇した。
食べてみると甘酸っぱい味にすっかり魅了され、日本一のハンバーグづくりになると内心目標を決め、札幌グランドホテルの門をたたく。

10月に、食彩の王国で「三國シェフのハンバーグ物語」が放送されるという。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜