2015年09月17日

ラー・エ・ミクニで、初めて伊藤公則シェフの料理を戴いた。


台風18号が、9日10時に愛知県知多半島に上陸し、14時頃には石川県から日本海に抜け、温帯低気圧に変わった。


9日は、19時から竹橋のラー・エ・ミクニに行く用事があったので、17時頃、早めに家を出たが、雨は上がって雲が切れ青空が見えていた。

西武線に乗ってしばらくすると雨が降り始めていて、高田馬場では、雨の中帰宅を急ぐ人の波に逆らって東京メトロ東西線に乗り込んだ。

竹橋に着いても、雨は降りやまず、蒸し暑さの中を、ラー・エ・ミクニに着いたが30分前だった。


丁度、その頃茨城県、栃木県に向かって、線状降水帯が近づいていたようだ。





1-1.JPG


程なくして、雨の中、四ツ谷からタクシーで来たとかで、三國シェフがお見えになった。


三國清三シェフには、数日前に都市大学附属小学校の「ミクニレッスン」でお会いしたばかりだし、その前は、横浜ベイホテル東急で行われた「食で観光立国を目指す」の講演を聞きにいっている。


そんなことを糸口に、雑談をしていると、「つきぢ田村」の三代目隆氏や、麻布十番の「更級蕎麦堀井」の九代目堀井良教氏も見えた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜