2015年10月02日

「新宿とうがらしサミット(2015)」が学習院女子大で開催された。


今年も「新宿内藤とうがらしフェア(2015)が始まった。
内藤とうがらしで、新宿のまち興しを永年推進してきた、NPOおいしい水大使館の成田重行理事長から、今年もフェアが始まるとご案内を頂いていた。
同フェアは、新宿区のイベントとして大きく発展し、内藤とうがらしが生まれた、信州高遠藩主内藤家の屋敷地であった新宿御苑を中心に展開される。

環境省新宿御苑管理事務所、一班財団法人国民公園協会新宿御苑、一般財団法人新宿観光振興協会、NPOおいしい水大使館内藤とうがらしプロジェクトが共催、新宿区が後援して、実行委員会を結成している。

同フェアを盛り上げるべく、27日(日)「新宿とうがらしサミット(2015)」が、最初のイベントとして、内藤とうがらしの研究が始まった学習院女子大学で開催された。





1-1ャプチャ.JPG

10時から開催された同サミットは、内藤とうがらしを栽培する方々や、内藤とうがらしフェア関係者などを集めて行われた。

上の画像をクリツクする
サミットには、地元新宿の吉住健一区長の挨拶で始まり、学校法人学習院の耀(あかる)英一常務理事があいさつをされた。
当初から、成田先生とともに内藤とうがらしの普及に努めていた、料理研究家の宮崎里恵先生も来賓として見えていた。

江戸東京・伝統野菜研究会として基調講演を依頼されていたが、サミットでは
新宿区立の四谷小学校、大久保小学校、西新宿小学校、都立園芸高等学校、新宿調理師専門学校、早稲田大学農楽塾、学習院女子大学の生徒達による、活動や研究発表が行われることから、簡単にという希望もあったので、内藤とうがらしばかりか、折角だったので新宿区の伝統野菜、内藤かぼちゃは、西新宿小学校、早稲田みょうがは早稲田小学校、鳴子うりは柏木小学校で教えていることもお伝えした。、

続きを読む