2015年10月04日

伊勢丹新宿店本館地下1F食料品売り場に、ピカピカの江戸東京野菜が並んでいた。


先日、新宿の学習院女子大学で、内藤とうがらしサミットが行われたが
このイベントをきっかけに、新宿内藤とうがらしフェアーが始まった。

内藤とうがらし、内藤かぼちゃが生まれた、信州高遠藩の下屋敷(現在の新宿御苑) を中心に、イベントが始まっている。

先日、新宿に出掛けたことから、伊勢丹新宿店本館地下1F食料品売り場に立ち寄ったら、ピカピカの江戸東京野菜が並んでいた。





1-1.JPG

上の写真をクリックする
内藤とうがらし(練馬区の加藤晴久さん)、内藤かぼちゃ(小平市の宮寺光政さん)、早稲田みょうが(練馬区の井之口喜實夫さん)、という、新宿の伝統野菜に、

この季節の江戸東京野菜としては、シントリ菜(西東京市の矢ヶ崎宏行さん)、滝野川ゴボウ(小平市の岸野昌さん)、八王子ショウガ(八王子市の中西真一さん)などが並んでいた。

他に、東京の代表的なナス農家の1人、清水丈雄さんが栽培する「寺島なす」も・・・

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介