2015年10月05日

早稲田小学校5年生に、地域の伝統野菜「早稲田ミョウガ」の物語を伝える。


今年の4月中旬、新宿区立早稲田小学校に着任されたばかりの佐藤興二校長を訪ね、かねてから計画をしていた、早稲田ミョウガの授業について、説明に伺ったことは、当ブログで紹介している。
数日前に同校には早稲田ミョウガを地域に普及している早田宰教授の要請で、井之口喜實夫さんが、定植指導に伺っていた。

授業について佐藤校長のお考えでは、ミョウガが収穫できる頃が良いというので、9月中に計画頂けるようにお願いしていたので、5年生の学年主任梶井綾教諭から連絡を頂き、28日で決定した。






1-1.JPG

同校のミョウガ定植地の様子は、井之口さんが気にかけていて、生育が良いと聞いていたが、授業には当初から井之口さんも、一緒に来て児童の質問を受けてほしいと、お願いしていた。

上の画像をクリツクする
授業が始まる前に、佐藤校長の案内で、ミョウガの定植地を見せていただいた。

藤棚の下の環境は良かったようで、色艶のよい葉が伸びていて、すでにかわいい花をつけていて、井之口さんが幾つか収穫したが、大振りのふっくらした、ミョウガも収穫できた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ