2015年10月07日

2日、新宿御苑で「新宿内藤とうがらしフェア関係者交流会が開催された。


10月4日から開催されている「新宿内藤とうがらしフェア」に先立ち、2日、新宿御苑レストランゆりの木で、関係者交流会が開催された。

昨年は、デング熱の影響で、新宿御苑が閉鎖になったことから、予定していたレストランゆりの木での交流会が急遽、新宿区四谷区民センターに会場を移して開催されたが、NPO法人 おいしい水大使館内藤とうがらしプロジェクトを進める成田重行リーダーの情熱で、今年も4日(日)からのフェア開催に向けて、参加各店が趣向をこらしていた。




1-1.JPG

信州高遠藩藩主内藤家の17代当主内藤頼誼氏が今年も出席された。
昨年、初めてお会いして、色々とお話を伺ったが、家康から賜った下屋敷は、20数万坪と広すぎで、大木戸門近くの玉藻池周辺がお屋敷で、それ以外は、小作に出していたという話に、納得したものだった。

今年は、高井戸にお住まいの、内藤家とは親戚ですかと、お聞きしたら、良く聞かれるそうだが、高井戸の内藤家に聞いていただかないと、家ではわからないと云う事だった。

上の画像をクリックする
さて、交流会は、赤木マキさん(創生会)の司会で始まり、実行委員会の成田重行リーダーが、今年の計画などについて紹介した。

続きを読む