2015年10月10日

第9回 「子どもたちに笑顔を !」プロジェクトは、宮城県南三陸町の小学生を対象に行われた。


2011年3月11日に発生したマグニチュード9.0という大地震により東北地方の太平洋沿岸に大津波が押し寄せ、多くの方々が亡くなられた。

三國清三シェフは、すぐさま行動を起こし、 同年6月には日本フランス料理技術組合(三國清三代表)と、東急グループ各社、日本バレーボール協会、その他有志企業の協力により、第1回「子どもたちに笑顔を !」プロジェクトを実施し、被災地の子供たちに愛の手を差し伸べてきた。

これまで、5年間に年2回の予定で実施してきて、前回は福島県の南相馬だったが、
今回は第9回として、初めて南三陸町に伺い、町立伊里前(いさとまえ) 小学校( 仲上浩一校長) 児童125名、教諭22名と、町立名足(なたり)小学校( 加藤えり子校長)  児童67名、教諭16名を対象に実施された。





1-1プチャ.JPG

上の画像をクリックする
三國シェフは、前日気仙沼で行われた「第12回プチシェフコンテストin気仙沼」の審査委員長をされてから、来られたが、

会場の伊里前小学校に着くなり、まずは「鎮魂の森」にお参りしたいと希望したことから、歌津で六次産業化のアドバイスをしている桔梗美紀氏の車で、南三陸町歌津総合支所の及川庄弥支所長に案内していただいた。

「鎮魂の森」には今年7月に「歌津観音」が建立された。
台座には、明治29年と、昭和8年に、この地を襲った大津波の犠牲者と東日本大震災大津波の犠牲者の慰霊と安寧を願い建立したとある。

観音像の脇にある碑には
平成23年(2011)3月11日(金曜日)午後2時46分。マグニチュード9..0という大地震が発生。三陸地方をはじめとする東北地方の太平洋沿岸に大津波警報が発令された。

午後3時18分、ここ伊里前湾では津波の兆候が確認され、その5分後に19mの大津波が襲来した。堤防を越えた大津波は水門と歌津大橋を破壊。伊里前の市街地は一瞬にして破壊状態となった。

伊里前小学校の校舎一階は床上70pの浸水、校内に設置された電気時計は午後2時47分で止まった。
名足小学校の校舎は2階屋上20cmの浸水。時計は午後3時25分で止まった。

この大津波で歌津地区では119人の尊い命を喪った。菩提寺である西光寺は本堂と庫裏、津龍院は本堂が海へと散った。〜以下省略〜。

碑には、119名のお名前と年齢が刻まれていて、三國シェフはプロジェクトを代表して犠牲者のご冥福を祈られた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜