2015年11月03日

更科蕎麦と江戸野菜を味わう「更科堀井 秋の会」が盛会に開催される。


9月初めに、「江戸の食文化を愛する活動を推進するため」として、江戸ソバリエ協会のほしひかる理事長とご一緒して、麻布十番の「総本家更科堀井」に伺ったことは、当ブログで紹介している。

総本家更科堀井の九代目堀井良教氏、料理研究家の林幸子先生、江戸ソバリエ協会、そして江戸東京野菜コンシェルジュ協会が一体となってやることへの、期待がお互いにあった。





1-1.JPG

上の画像をクリックする。
ほしひかる理事長(写真中下)が、この会の主旨を述べてから、九代目堀井氏からお店の紹介があり、続いて、江戸東京野菜の食材について、お話をさせていただいた。

その後、林幸子先生のメニュー紹介、という流れで進められた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ