2015年11月14日

料理研究家の林幸子先生が、ウドの花の収穫にやってきた。


先日、麻布十番の「総本家更科堀井」で、更科蕎麦と江戸東京野菜を味わう「秋の会」が行われたことは、当ブログで紹介している。

秋の会の食材として、料理研究家の林幸子先生には、滝野川ゴボウ、滝野川ニンジン、シントリ菜、早稲田ミョウガの他に、西東京の矢ヶ崎宏行さんに頼んで、矢ヶ崎農園の東京ウドの花を送ってもらった。

林先生は、タネになりかけの花をかじってみて、エグミが強く渋みもあるが、ウドの香りが十分して面白いと云ってくれた。

これまでウドの話をする時、必ずウドの花はスパイシーで食材としても、面白いと云い続けていたが、タイミングが合わずに、皆さんに試食していただく機会が持てなかった。

今年は、日本橋「ゆかり」の三代目野永喜三夫さんにも、かじってもらったし、

東京都農業祭でも、矢ヶ崎農園に頼んで送って戴いたので、来場者にもかじってもらったが、
野菜ジャーナリストの篠原久仁子さんも興味を持ってくれた。




1-1.JPG

更科堀井で興味を持ってくれた林先生は、ウドの花を見たいというので、西武立川駅にまで来ていただければ案内しますからと約束していた。

林先生はご友人の、フードコーディネーターで、国際中医薬膳師の大友育美さんも興味を持ってくれて、2人で見えた。

上の画像をクリックする
ウド畑の案内については、JA東京みどりの原省三部長代理にお願いしていたので、ファーマーズセンター「みのーれ立川」で待ち合わせて、同JAの鈴木博秀理事に、畑に案内いただいた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報