2015年11月18日

NPOロータスプロジェクトのスタッフに江戸東京野菜を次代に伝える重要性を話す。


10月にNPO法人ロータスプロジェクトの中山るりこさんからメールを頂いた。

何でも、同プロジェクトは、西新宿にある日蓮宗の常円寺を「新宿サテライト」として、お寺の社会貢献を掲げて設立されたもので、季刊のフレーペーパー「LO+」を、5千部発行している。

中山さんは2月に、新宿区立エコギャラリー新宿で開催された江戸東京野菜の講演会に来てくれていて、
11月7日から始まった、江戸東京野菜コンシェルジュ講座の総合篇を受講していて、今後、同プロジェクトの中でも、江戸東京野菜を位置づけていこうという思いが伝わってくる。





1-1.JPG

常円寺は、新宿大ガードから青梅街道を下った右側にあるお寺で、山門をくぐると今までの喧騒がうそのように静かになる。

かつてこの辺りから神田川に向かって農地が広がっていて、内藤カボチャは、この辺りでは淀橋カボチャとして栽培されていた。
また、更に下って、鳴子坂では、「鳴子ウリ」を栽培する幕府の御前栽畑が設けられていた。

また、活動の本拠地は八王子市川口にある延寿院だそうで、里山の保全や整備、里山を利用した樹木葬墓園の運営を行っているという。

八王子市川口にある延寿院の周辺では、伝統の「川口エンドウ」が復活されて、栽培農家も増えつつある。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等