2016年01月03日

首都圏の篤農家が明治神宮に集い農林水産物奉献会の新年互礼会


子どもの頃から、毎年、初詣は明治神宮に来ている。
今年は、”年男” 気分も新たに、少し早めに自宅を出た。
道すがらの「うど畑」に霜が降りていた
完全にうどの根は休眠状態に入ったようだから、そろそろ掘り起こす頃だ。

駅からは、富士山が良く見えたものだが、駅前にスーパーが出来たので電線などが邪魔だ。

2日は、首都圏の篤農家によって構成されている明治神宮農林水産物奉献会の総会と新年互礼会が執り行われる。

戦後の食糧難の時代、首都圏の農家が明治神宮に集って、困窮の日本を食糧増産と農家の技術向上によって救おうと、世田谷区等々力の農家大平信彌氏が中心になった「足食会」が、昭和46年発展的に明治神宮農林水産物奉献会となったもの。




1-1.JPG

上の画像をクリツクする
9時半参集殿に集まった皆さんは、行列を作って御社殿へ、そして年頭昇殿参拝、須藤正敏会長の玉串奉天、神楽殿での倭舞の奉奏が執り行われた。、


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介