2016年01月05日

家庭画報2月号「三國清三シェフ レジオン・ドヌール勲章受章に寄せて」が掲載された。


暮れの28日発売の「家庭画報2月号臨時増刊」に、「日本のフランス料理、その未来へ」として6ページにわたり、「三國清三シェフ レジオン・ドヌール勲章受章に寄せて」が掲載された。

同誌では47年にわたる三國シェフの料理人人生を通して、“日本人のためのフランス料理を花開かせて”、日本のフランス料理へと、その変遷に導いてきた。

これらの実績により、昨年の9月18日に、フランス国家名誉軍団 国家勲章「レジオン・ドヌール勲章 シュヴァリエ」を受章したもの。


1-1.JPG

上の画像をクリックする


昨年の11月、東京都では、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催にむけて、東京ブランドを世界に発信する人材の制度、「東京ブランドアンバサダー」を創設、第1号に三國シェフが就任したことは、当ブログで紹介している。

9月に日本人シェフとしては、初のフランス国家からの最高勲章「レジオン・ドヌール勲章」を受章していて、時宜を得た人選で、舛添要一知事も、胸を張って発表していた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記