2016年02月11日

第10回 江戸東京野菜四谷菜園が開催された。


四ツ谷にある絵本塾出版の屋上にある菜園を活用しながら、江戸東京野菜の歴史文化、そして栽培について学ぶ会は10回を迎えた。

開会に当たり、尾下千秋代表から、昨年の暮れに品川の品川神社で開催された「品川蕪品評会」に初めて出品して、応募数30点中、第4位になったことを報告。
「野菜栽培に若干自信が出てきました。」と挨拶された。

また、「野菜栽培の参加者が固まってきましたこともあり、皆さんと交流する場をつくって活動を強くしていきたいと思います。」と語った。





1-1.JPG

上の画像をクリックする
屋上菜園には、江戸東京野菜として、亀戸ダイコン、品川カブ、伝統小松菜の後関晩生、のらぼう菜が栽培されていた。

尚、同勉強会には尾下代表の要請により、宮寺光政さんと私が「農」のある暮らしづくりアドバイザーとして(一財)都市農地活用支援センターから派遣された。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2016年02月10日

東京愛知県人会で愛知の伝統野菜と江戸東京野菜を使ったフレンチのフルコースを戴く。


東京愛知県人会のステージをお借りして、愛知の伝統野菜と江戸東京野菜を使ったフレンチのフルコース食べながら、各々の伝統野菜を知って戴こうと云う企画が、銀座6丁目の「銀座Sun−mi本店 フランス料理エミュ」で開催された。

この「東京愛知県人会 詞交換会」については、先日ブログで紹介しているが、

江戸東京野菜コンシェルジュ協会の上原恭子理事と、あいち在来種保存会 高木幹夫代表世話人との懇談の中から生まれたと聞いている。




1-1.JPG

左から、あいち在来種保存会 田中稔顧問(ハタケタナカ)
江戸東京野菜コンシェルジュ協会の上原恭子理事、
東京愛知県人会 藤田慶子会長(愛知ふるさと大使)
あいち在来種保存会 高木幹夫代表世話人

上の画像をクリックする
挨拶をされる藤田会長、
高木代表世話人は、あいちの伝統野菜は、皆さんに知られていないので、
このような機会を持たせていただいたと挨拶。

乾杯のご発声は、(株)銀座テレビ 近藤昌平会長・CEO
司会進行は、佐野恭子さん((株)オフィスさの)が担当された。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2016年02月09日

井之口農園の早稲田ミョウガのミョウガタケ、亀戸大根、伝統小松菜等が順調な生育を見せていた。


新宿区教育委員会では、新宿区の伝統野菜・早稲田ミョウガの「ミョウガタケ」を学校給食に使えないかと、昨年の11月から生産者の井之口喜實夫さんと協議をしてきた。

今年、1月に実施していた、ミョウガの根茎伏せ込み作業は、当ブログで紹介したが、このほど学校給食の詳細がわかってきたことから、その後の生育についてムロを見せてもらいに行ってきた。




1-1.JPG

今月23日から4回(日)に分けて、早稲田ミョウガタケの新宿区立小学校の給食日程が決まった。

上の画像をクリックする
ムロは、ハウスの中に掘ってあるが、カーペットを剥いでみるとモワッとした湿気が上がってきた。
今年の根茎は例年より、太っていて昨年の栽培に於いて十分に養分を蓄えていたようだ。

14日の高円寺演芸まつり「江戸落語をきいて、江戸東京野菜をたべよう」で、今年も皆さんに食べて頂けそうだ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2016年02月08日

JAあきがわの、坂本組合長と市川専務を表敬訪問し、地元特産の「のらぼう菜」を頂く


毎年、3月にあきる野市小中野の子生(こやす)神社境内で「のらぼうまつり」が開催されているが、

これまで同まつり実行委員会の坂本勇会長が、昨年6月、地元JAの役員改選で、代表理事組合長になられ、また現役時代に一緒に仕事をした市川辰雄さんが、地元に戻って地域に貢献しようと代表理事専務に就任したと聞いたので面会の予約を入れた。






1-1.JPG

坂本組合長(写真右) は予定があるようだったが、「のらぼうまつり」の件で伺いたいとお願いしたので時間をとっていただいた。
市川専務(写真左)とは、久しぶりだったが、陣頭指揮でご活躍のようだった。

坂本組合長に、今年の「のらぼうまつり」について伺った。
「のらぼうまつり」はこれまで、結果的に3月の最終日曜日に開催されてきたが、実際には実行委員会が生育状況を見て2月に決めているようで、

今年は1月上旬まで暖冬だったこともあり、生育が進み、早めようとの話も出ていたようだが、降雪以降生育も止まったことから例年通り最終日曜日の3月27日に決定したという。

また、体制では坂本組合長は同会会長職を退き側面から支援し、同会実行委員長の乙訓孝男さんが指揮を執ることになったという。

上の画像をクリツクする
坂本組合長は、役員室の額を差して説明してくれた。
当地で栽培されるのらぼう菜の歴史的根拠となる古文書だが、江戸時代後期の明和4年9月、関東郡代伊奈忠宥が地元の名主小中野四郎右衛門と網代五兵衛に命じて、のらぼう菜の種子を中山間の近隣12ケ村に配布したとある。

因みに、坂本組合長は、名主小中野四郎右衛門の末裔であることから、これまで会長を務めていた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 檜原村とあきる野市の農業

2016年02月07日

第六回 高円寺演芸まつりが2月5日から始まった.


第六回 高円寺演芸まつりが、今年も2月5日(金)〜14日(日)、高円寺の各会場で行われる。

江戸東京野菜コンシェルジュの松井つるみさんが席亭の女将「うおこう寄席」は、7日、11日、13日にも開催されるが、特に最終日の14日(日)14時開演で、「江戸落語を聴いて、江戸東京野菜を食べよう」が開かれる。




1-1ャ.JPG

上の画像をクリツクする

今年も昨年同様、この季節に栽培されている江戸東京野菜としては、
矢ヶ崎宏行さんが栽培した、滝野川ニンジン、滝野川ゴボウ、亀戸ダイコン、品川カブ、金町コカプ、伝統小松菜、ノラボウ菜、シントリ菜。

宮寺光政さんの拝島ネギの熊手ネギ、汐入ダイコン。

そして、井之口喜實夫さんが栽培している話題の早稲田ミョウガタケを食べていこうと思っています。

また、サプライズの野菜も、懇親会で試食していただこうと思っています。

今年も、松井さんが、声をかけて間くれたので、伝統野菜の物語を話そうと、お引き受けしました。

二つ目の立川吉笑さんの前座として、お話をさせていただき、懇親会では、江戸東京野菜を食べていただく予定なので、ご参加ください。


posted by 大竹道茂 at 00:25| Comment(1) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2016年02月06日

加賀野菜に、海鮮料理で冬の金沢を堪能した。



北陸新幹線「かがやき523号」で、12時すこし前に金沢に着いた。

金沢駅には、
「金沢に来るなら、
春か、夏か、秋か、
冬が良いと思います。」
の垂れ幕。


30日に、金沢大学の「在来種と食を考える会」から招かれて来たが、そのことは、当ブログで紹介した。





1-1.JPG

勉強会の会場「しいのき緑地迎賓館」に近いホテル「金沢ニューグランドホテル」で、31日、誕生日を迎えた。
Facebookは殆んどやっていないが、登録してあるから、多くの方からお祝いのメールが届いた。

上の画像をクリックする
朝食は最上階の11階で、金沢市内が一望できた。
朝食のおかず、加賀野菜と能登野菜のコーナーには、料理には、分かるようにポップが付いていた。

五郎島金時(さつまいも)、加賀れんこん、一番生産量の多いものだ。
金時草は亜熱帯のものだから、温室栽培だろう。
能登野菜の中島菜は切漬けで。

「小松菜の胡麻和え」をみて、先に料理をとっていた関西弁の奥さんたちが「小松の野菜ね!」と・・・。
何のことかわからなかった。

江戸川を中心に栽培されてきた小松菜が、チンゲン菜と掛け合わされてF1化したことで、北海道から沖縄まで全国で周年栽培されるようになったが、全国にはルーツまで知る人は少ない。

小松市で栽培しているかどうかは知らないが、関西弁の奥さんと同じように石川県小松市原産と思う人がいてもおかしくない。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2016年02月05日

東京愛知県人会で愛知の伝統野菜と江戸東京野菜を使ったフレンチフルコースの宴を開催。


江戸東京野菜コンシェルジュ協会の上原恭子理事が、同じ野菜ソムリエで、あいち在来種保存会の高木幹夫代表と、「そのうちに愛知と東京でコラボ企画をやりたいネ、」と云っていた話が、実現する運びとなったもの。

今回の企画に当たっては、東京愛知県人会の藤原慶子会長のご配慮で、2月6日(土)に開催される同会の賀詞交歓会と云うまたとないステージで、江戸東京野菜を味わっていただくことになった。




1-1.JPG

かつて「野菜の学校」で、愛知の伝統野菜・地方野菜を勉強したことがあったが、愛知県には、在来種がたくさんあるところ、この季節だと何が頂けるのか。

会場は高木さんが探してくれて、銀座6丁目の「銀座Sun−mi本店 フランス料理エミュ
今回、どんなお料理になるのか楽しみだ。

因みに、江戸東京野菜は、伝統小松菜、亀戸大根、東京ウドを予定している。
posted by 大竹道茂 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2016年02月04日

「江戸東京野菜と加賀野菜」〜消費者を育て、生産者を支える仕組みを考える〜が金沢で開催される。



先日、金沢大学の皆さんの勉強会に招かれて、金沢に伺った。

東京では前日の晩から雪が積もるという予報だったので、雪に弱い都心の鉄道が止まらなければいいがと心配していて、5時に目が覚めたが、小雨だったのでほっとした。

途中新幹線は、雪の中を走っていたが、雪深いと思っていた金沢は、何日か前に降った雪が日陰に僅か残る程度で驚いた。





1-1.JPG

上の画像をクリックする
今回お招きいただいた「在来種と食を考える会」事務局の冨吉満之先生(写真左)と、初めてお会いしたのは、先生がまだ金沢大学にいた2014年に遡る。

4月だったか、江戸東京野菜の話を聞きたいと云うので、青山の喫茶店でお会いした。

江戸東京野菜の取り組みと、各品目の種苗管理の方法について、栽培された野菜の販売先とPRなどの状況について、また、様々な野菜の「ブランド化」についてなどをお話した。

その後、2015年3月に予定された金沢での勉強会に伺うつもりでいたが、冨吉先生が熊本大学に転勤されたので、延期となった。

そのころ、香坂玲准教授が江戸東京野菜の栽培現場を見たいと来られたので、井之口喜實夫さんのお宅と、白石好孝さんのお宅に案内したことは、当ブログで紹介している。

その後、7月には、冨吉先生と香坂先生が、「伝統野菜の今 〜地域の取り組み、地理的表示の保護と遺伝資源〜」を発刊していて、当ブログでも紹介している。

そんな経過があって、昨年暮れに勉強会の日程が一年越で決定した。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2016年02月03日

全国の地域食材が集まる、築地市場の政義青果を訪ねた。


先日、東京シティ青果に伺った時に、待ち合わせの10時より30分程早く着いたので、促成野菜や料理用妻物を専門としている仲卸「政義青果」を訪ねた。

政義青果の近藤義春社長(江戸東京野菜コンシェルジュ1期) には、何かとお世話になっているので、いらっしゃったらご挨拶をしようと思って立ち寄った。





1-1.JPG

上の画像をクリックする
セリは終わっており、市場はがらんとして、セリ落とした仲卸による荷の引き取りもほとんど終わっていた。

政義青果は、向かい合った2店舗で営業をしていて、セリ落とした珍しい全国の地域野菜が積まれていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2016年02月02日

「節分」日本の文化を伝えたいと枝豆産地で節分用の柊セットを販売。


先日、新宿駅西口イベントコーナーで行われた消費生活展で、西新宿小学校の4年生が「江戸東京野菜をひろめよう!」と、取り組みの成果を発表した。

会場では、淀橋市場の皆さんが野菜の直売をしていたが、鬼のお面が一緒に付いていたので人目を引いたので、何かと思って手に取ったのが節分用「柊」で、それがお祭り価格だったので購入した。





1-1.JPG

上の画像をクリックする
裏には、「日本一のエダマメから生まれた! 
幸せを呼ぶ「柊」だよ。」
として、群馬県の沼田利根蔬菜出荷組合の名があった。


日本一の枝豆産地であると、アピールしていて、「ひいらぎ」には
「豆ガラの音とひいらぎのトゲ、いわしのニオイが鬼を、追い払うと言われています。
玄関、門戸へかかげ、厄払いをします。」と使い方を説明している

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:45| Comment(1) | TrackBack(0) | その他関連情報

2016年02月01日

東京シティ青果の役員さんに豊洲市場についてお話を伺い、ご案内いただく。


寛文年間、有楽町の数寄屋橋のたもとに発祥した市が京橋に移り、京橋大根河岸青物市場として、築地、銀座、日本橋などの老舗や都内の青果店を顧客に発展してきた。

昭和10年施行の市場法改正により築地市場に移転し、近年では業務筋、スーパーマーケットへのシェア拡大、小口買い出しへの対応の充実を図ってきた。

しかし、建物の老朽化、施設の手狭さなどから、施設の移転を模索してきた。

その市場が今年の11月に再度、築地から豊洲へ移転して、近代的市場となってお目見えする。

これまで築地の東京シティ青果には、江戸東京野菜の普及拡大に尽力いただいていた。
毎年、JA東京グループの東京都農住都市支援センターが主催して「江戸東京野菜探訪バスツアー」を、京橋大根河岸青物市場跡からスタートしているが、昨年も、東京シティ青果の石川勲会長に、大根河岸のお話をしてもらっている。





1-1-1.JPG

今年11月7日に向けて、豊洲市場の開場準備が着々と進んでいることは報道等で聞いている。
JA東京中央会の島田幸雄部長が、築地の東京シティ青果に行いくというので、豊洲市場の話を聞きたくて同行させてもらった。

新交通システムのゆりかもめの市場前駅

上の画像をクリックする
当日は、中央会の島田部長と五十嵐匠さんが東京シティ青果を訪問。
石川会長にご無理を言って機会を設定だたいたが、鈴木敏行社長、藤田寛専務、青木満取締役総務部長にご出席をいただき、鈴木社長自ら説明を頂いた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報