2016年02月05日

東京愛知県人会で愛知の伝統野菜と江戸東京野菜を使ったフレンチフルコースの宴を開催。


江戸東京野菜コンシェルジュ協会の上原恭子理事が、同じ野菜ソムリエで、あいち在来種保存会の高木幹夫代表と、「そのうちに愛知と東京でコラボ企画をやりたいネ、」と云っていた話が、実現する運びとなったもの。

今回の企画に当たっては、東京愛知県人会の藤原慶子会長のご配慮で、2月6日(土)に開催される同会の賀詞交歓会と云うまたとないステージで、江戸東京野菜を味わっていただくことになった。




1-1.JPG

かつて「野菜の学校」で、愛知の伝統野菜・地方野菜を勉強したことがあったが、愛知県には、在来種がたくさんあるところ、この季節だと何が頂けるのか。

会場は高木さんが探してくれて、銀座6丁目の「銀座Sun−mi本店 フランス料理エミュ
今回、どんなお料理になるのか楽しみだ。

因みに、江戸東京野菜は、伝統小松菜、亀戸大根、東京ウドを予定している。
posted by 大竹道茂 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介