2016年02月18日

三社様に奉納した「千住ネギ」のお下がりを、参詣者に配布した。


今日の野菜栽培は流通システムに乗りやすい一代雑種に時代は変わっていったが、代々受け継いできた、伝統野菜の「千住ネギ」を、自分の代で無くすことはできないと、

伝統の千住ネギ(固定種) を次世代に伝えようと、茨城の農家に依頼して栽培し採種を続けてきた葱善の田中庸浩社長と廻りあったことは、当ブログで紹介した。





1-1.JPG

先日、押上「よしかつ」でネギパーティをしたときに、地元、浅草神社で11日に千住ねぎの奉納を行い、13日には、お下がりのネギを参拝にみえた方々に配るという話を聞いていた。

11日には先約があったが13日の15時なら行けそうなので、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の役員に伝えると、皆さん行くと云うので、伺った。

上の画像をクリックする
浅草神社は、浅草寺の隣にあるが、神仏習合時代の名残りなのか、三社権現社とも云われている。
拝殿は瓦屋根の入母屋造りで、浅草寺の建物と似た造りになっているが、奥に青銅拭きの立派な権現造りのご社殿がある。

浅草神社の三社祭は、祭りの宮出しは有名だ。

右下写真は、境内で行われていた「猿回し」だが、その後ろの赤丸円が、平成9年に都内50カ所に建立した「江戸東京の農業説明板」で、「檜前の馬牧」馬の牧場だった。

続きを読む