2016年03月02日

すき焼ちんやの6代目が『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』を刊行した。


2月の初めに、浅草にあるすき焼きの老舗「ちんや」の6代目主人住吉史彦さんから、「個人的おしらせです。」と、ご本を2月25日に刊行するとのメールを頂いた。

浅草の9人の旦那衆と住吉さんの対談集だそうで、「浅草ならではの商人論」を目指した本でもあり、対談は浅草の9軒のバーで語り合ったことから「おとなのバー・ガイド」でもあるという。

住吉さんは、フードジャーナリストの向笠千恵子先生(江戸東京野菜コンシェルジュ協会顧問) が主宰する、「すきや連」の事務局長で、何かとお世話になっていることから、ブログで紹介したいと申し上げたところ、




1-1.JPG

出版社の(株) 晶文社から、「刊行披露会・すき焼き懇親会のおしらせ」が届いた。

上の画像をクリックする
同店4階の大広間で開催された披露会は、住吉さんの挨拶で始まり
晶文社の足立恵美編集部長から、「『浅草はなぜ日本一の繁華街なのか』の紹介があった。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介