2016年03月05日

三菱一号館美術館「PARISオートクチュール」とミクニマルノウチのコラボレーションメニューは如何。


PARISオートクチュール〜世界にたった1つだけの服〜が、3月4日から丸の内の三菱一号館美術館で始まった。

三菱地所が大丸有(大手町・丸の内・有楽町) の大規模な再開発の中で、三菱一号館の建物を美術館として残し、再び三國清三シェフを丸の内ブリックスクエアに招いた。

美術鑑賞をした後で、感動した作品を寛いで思い返し、美味しい食事を堪能する。
三國シェフの、出店のコンセプトがそこにある。





1-1.JPG

これまで、同店では何度となく、三菱一号館美術館とのコラボ企画を実施してきたが、今回はPARISオートクチュールの作品とのコラボとなっている。

上の画像をクリックする。
ミクニマルノウチは、地産地消を全面に出して、江戸東京野菜をはじめ、東京産の食材を使ってくれているが、

コラボレーションメニューをつくるに当たって、先月、三國清三シェフから食材についてのアドバイスを求められたので、江戸東京野菜推進委員会の水口均さん(江戸東京野菜コンシェルジュ) を誘って同店に伺った。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜