2016年03月13日

文京区立誠之小学校の給食委員会で江戸東京野菜の勉強会が始まる。


文京区立誠之小学校(西田義貴校長)の、岡本志津子栄養士から、江戸東京野菜を栽培したいという要請があり、2月に伺ったことは、当ブログで紹介した。

その後、畑を耕すなどして準備をされていたが、先日、給食委員会に於いて栽培についての勉強会を行なったと、写真添付のメールを頂いた。




1-1.JPG

当ブログで紹介したことで、創立140年の伝統ある名門校だけに、すぐ応答があった。

追申として紹介したが、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の上原恭子理事の母校だそうで、当時、荒川区から通学していたという。

同校の、岡本栄養士が栽培するタネについてご苦労されていたので、その旨を上原さんに伝えると、それではと、勉強会に先立って、伝統小松菜の「後関晩生小松菜」「金町コカブ」「三河島エダマメ」等のタネを持参して、西田校長先生に贈呈した。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組