2016年03月21日

土佐の友人石川清彦さんから昨年に続き高知県が開催した研修会の資料を送って戴いた。


大学の同級生・石川清彦さんが、現在ジャーナリストとして県の農業情報を発信しているが、
先般、高知市で「平成27年度 伝統作物活用研修会」が開かれたと資料を送ってくれた。

同研修会は、昨年、招かれていて、東京の事例として、江戸東京野菜の取り組みを紹介させていただいた事は、当ブログで報告している。

その後の、活動については気になっていたところだけに、情報は興味深いものだった。





1-1-1.JPG

上の画像をクリツクする
講演としては、朝日新聞東京本社文化くらし報道の大村美香編集委員が、「メディアの中の伝統作物」を話され。

注目集める伝統野菜は、なぜニュースになるのか、
伝統野菜のニュースが指し示すこと。を説明した後、掲載紙を元に、いくつかの事例を紹介している。

今回、頂いた資料で注目したところは、同県での平成27年度伝統作物活用実証事業における取組の紹介として、
土佐の伝統野菜〜「牧野野菜」を中心とした取り組み〜で
Team Makino 竹内将史氏の発表だ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話