2016年05月25日

「江戸東京野菜四谷菜園の会」の勉強会で定植後の栽培指導が行われた。


今年3月にジャガイモの植え付けなどが行われたが、今回は夏野菜の定植作業が屋上菜園で行われた。
ナス、トマト、キュウリの苗は宮寺光政さんが育成したもので、前日に宮寺さんが車で四谷菜園に届けていた。

ナスは、江戸東京野菜の寺島ナスと、交配種のタキイの筑陽、トマトは交配種の大玉、中玉、ミニトマト、キュウリは馬込半白キュウリと、交配種が用意された。





1-1-1.JPG

屋上菜園の東側の圃場は、園主尾下千秋さんが栽培する見本園。

上の画像をクリックする
宮寺さんの指導に、皆さんが聞き耳を立てた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等