2016年07月31日

京野菜栽培の第一人者・鷹峯にある樋口昌孝さんの農園に伺った。


総合地球環境学研究所で、伝統野菜の地理的表示についての研究会があるというので、久しぶりに京都に伺った。

参加者の中に、京都で伝統野菜を栽培する第一人者、樋口昌孝さんの名前があったので、事前に電話で、この時期の農園を見せてほしいと頼んでいた。

そもそも、樋口さんとは、2009年に金沢で行われた「伝統野菜サミット」でお互いに事例報告をしたご縁で親しくさせてもらっている。

前回、樋口さんの農園に伺ったのは3月だったが、この季節の野菜も見たかったので無理をお願いしていた。

樋口さんの農園には朝の収穫前に伺いたいと思っていたので、タクシーを呼んで、上賀茂の山道を抜けて向かった。

前来た時には工事中だったが、樋口さんのお宅の数軒先に、東急ハーヴェストクラブ 京都鷹峯&VIALAができていた。
同ホテルのHPには、樋口さんのハウスが掲載されている。




1-1.JPG

作業場から、緑の山がきれいなので、写真を撮ったが、なんという山か、後で樋口さんに尋ねると、あれがこの地の象徴「鷹峯」だという。

鷹峯が、作業しながら臨めるように、ハウスの位置を下げて作ったんだとか。

上の画像をクリックする
鷹峯は、左大文字の北方に位置し、鷹峯街道から西方に連なる丘陵を云い、東から鷹峯、鷲峯、天峯とあり、古文書などに記載され、古来多くの人に親しまれてきた。

花札の8月の絵札でおなじみの「すすき」は、この鷹峯の山を描いたものとだという。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2016年07月30日

7月30日13時から、「鎌倉だいこん未来研究クラブ」が勉強会を開催する。


鎌倉だいこん未来研究クラブでは、8月の種まきを前に、鎌倉ダイコンの勉強会が開催される。
鎌倉だいこんについては、同未来研究クラブの皆さん方の努力で、話題が広がっているが、

30日、福来鳥では、20周年パーティーを兼ねて
鎌倉大根の畑部門のワークショップ、
鎌倉だいこんのトークショーを企画している。

申し込みは0467−22−1377まで


1-1 (2).JPG

上の画像をクリックする
 当日のワークショップは、「鎌倉だいこん未来研究クラブ」の農作業&料理会が、10時から予定されていて、こちらはfacebookで別に募集している。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉大根

2016年07月29日

金沢大学の香坂准教授に誘われ、京都の「総合地球環境学研究所」で開催された研究会に伺った。


6月初めに金沢大学の香坂玲准教授と内山愉太博士研究員がみえたので、練馬を案内したことは当ブログで紹介したが

香坂先生の目的の一つに、7月22日(金)総合地球総合地球環境学研究所で、ワークショップを開く計画をしているので、練馬区都市農業課の浅井葉子課長、白石好孝さんと一緒に参加してほしいというものだった。

香坂先生の提案を総合地球環境学研究所が受けた実践プロジェクトインキュベーション研究だというので、願ってもないことと、参加させていただくことにした。





1-1.JPG

当日、東京は小雨だったが、京都は暑かった。
京都市の北、地下鉄烏丸線で20分ほどの国際会館駅から、バスで10分のところに総合地球環境学研究所があり、会場には20分前には着いた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2016年07月28日

大判の江戸東京野菜のポスターが企画制作され販売される。


江戸東京野菜の復活普及に尽力している小城プロデュースの福島秀史(江戸東京野菜コンシェルジュ協会理事) 代表執行役員から、このほど協力組織の本会に江戸東京野菜のポスターが送られてきたので、早速、部屋に張った。

同社では、これまで江戸東京野菜のカレンダーを始め、新宿内藤とうがらしプロジェクト関係の広報資材、内藤トウガラシ、内藤カボチャのロゴマーク、

八王子市の伝統野菜、高倉ダイコン、川口エンドウ、八王子ショウガでは、ポスターとロゴマークの制作、そして多摩・八王子江戸東京野菜研究会では、同会のTシャツなど、多角的な広報資材の制作を行ってきた。



キ1+-1ャプチャ.JPG

同社では、昨年カレンダーを販売したが、カレンダーは1年間に限定されるが、カレンダーに掲載されている、江戸東京野菜の写真は部屋に張っておきたいという声が多く聞かれたことから、今回企画制作を行ったもの。

上の画像をクリックする
福島さんは、江戸東京野菜42品目をわかりやすく、表示するにはこの大きさになりましたという。

新聞見開き大の、A1サイズ、1枚500円(税込)
※送料実費は別途申し受けます。 ※1梱包で10枚まで可能です。

<お問合せ・お申し込みは>
下記メールアドレス宛てにご納品先住所、お名前、お電話番号、
江戸東京野菜ポスター希望枚数を明記の上お申し込みください。

多摩・八王子江戸東京野菜研究会 福島
090−2544−0943 又は
 qqz84qnd@helen.ocn.ne.jp



posted by 大竹道茂 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2016年07月27日

檜原村「三頭山荘」の大女将里久子さんを訪ねて、昔話を伺った。


先日、東京の奥座敷檜原村に行ったことは、当ブログで紹介したが、
目的の、三頭山荘で大女将の岡部里久子さんにお会いして、「おいねのつるいも」もいただけたので、皆さん満足していただいたことから、遅くなったが紹介する。

我々8名が席に着いたところで、里久子さんの声が表で聞こえたので、出て行って「また、友達を連れて、話を聞きに来ました!」と伝えると、「お彼岸で、嫁に行った娘が来ているから、墓参りに行ってくる、ちょっと待ってて」と行ってしまった。
伺った16日は「やぶ入り」だった。




1-1-1.JPG

女将(里久子さんの長男夫人)に、料理の注文をし終わったところに、
「待たせたナ〜」と云って来てくれた。お元気だ。

お話を聞きたいと云っていた尾下千秋さんと千年太郎さんの横に座ってもらったが、
急に席を立って行ってしまった。

上の画像をクリックする
「これでも食べてて」と云って、自分で栽培したキュウリにソースをかけて持ってきてくれた。
皆さんキュウリにソースは食べたことがないと云っていたが、「これが旨いんだよー」と云って行ってしまった。

採りたての新鮮なキュウリだから確かに旨い。
次に持ってきてくれたのが、「蕗の煮物」と、「蕗の甘酢漬」、そして「おいねのつるいもの煮っ転がし」を次から次へと持ってきてくれた。

里久子さんが全部作ったもので、
「おいねのつるいも」は、取り残した小さい芋を茹でて、皮をむいて、ごま油と醤油と砂糖で作ったと云っていたが、昔から食べていたものだという。

蕗の甘酢漬は、初めて食べたが美味しい。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2016年07月26日

足立区立栗原北小学校でも「命をつなぐ! 千住ネギ」の授業が行われた。


足立区立の小学校3校で昨年から始まった「命をつなぐ! 千住ネギ」の復活栽培は、今そ年も足立区農業委員会の協力により開催された。

同区立の平野小学校、千寿双葉小学校で実施したことは紹介したが、栗原北小学校(三宅文夫校長)でも、開催された。






1-1.JPG

三宅校長のあいさつは、「今日はこれから皆さんに、大切なミッションを伝えます!」と、語りかけた。

昨年の4年生から始まった千住ネギの栽培は、
目標として、先輩たちか栽培して、種が取れましたが、4年生は来年の4年生、後輩たちに種を伝えます。
それには、日々の水やりや草むしりなどを忘れないように、

そして、収穫した千住ネギを食べるなど、足立区の伝統野菜「千住ネギ」について勉強しましょうと話された。

上の画像をクリックする
引き続き、荒堀安行農業委員会会長から、今では栽培されなくなってしまった足立区の伝統野菜・千住ネギの復活を依頼した。

続きを読む

2016年07月25日

JA東京中央会が発行する広報紙「とうきょう農紀行」の42号が届いた。


一面の写真は、江戸東京野菜の伝統大蔵大根を復活させた大塚信美さん、大蔵大根を名称登録をした植松敬先生の指導を受けながら、世田谷の農家に普及する努力もされている。

同紙には、世田谷区で「200年続く農地で子どもと交流」とあり、地元の小学生に農業体験をさせている。

かつて、ミクニレッスンを行っている、都市大学付属小学校の授業も受け入れていただいたことがあり、当ブログでも紹介している。




1-1-42.JPG

上の画像をクリックする
同紙中面は、墨田区東向島駅前商店街の取り組みを紹介、
「江戸東京野菜を町のシンボルに」
「アイディア持ち寄り、幻のナスで町おこし」

当ブログではも江戸東京野菜マラソン大会を紹介している。

「とうきょう『農』紀行」前号はここから



posted by 大竹道茂 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

江戸東京野菜を栽培する板橋区の生産者を訪ねた。


JA東京あおばでは板橋、練馬、石神井、大泉の各地区で農家が、江戸東京野菜を栽培していて、先日も紹介したが、板橋地区の農家夫人を集めて齋藤朝子先生が料理教室を実施した。

江戸東京野菜の栽培している農家を、板橋地区振興センターの本橋章宏センター長に頼んで案内してもらった。




1-1-1.JPG

今回、志村みの早生ダイコンの栽培を、本橋章宏センター長にお願いしたら、JA東京あおば板橋地区青壮年部の農業後継者木村博之さんが、快く蒔いてくれたというので、ご挨拶に伺った。

畑で待ち合わせをしたというので、待っているとお父さんもご一緒だった。
木村繁夫さん、私の現役当時地元JA東京あおばの代表理事組合長をされていて、お世話になった方で
10年ぶりの再会だったが、ご協力にお礼を申し上げた。

上の画像をクリックする
ご子息の博之さんは、江戸東京野菜をテーマに、全国看板コンクール最優秀賞の原画を描かれたということは伺っていたので、お礼を申し上げた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2016年07月24日

命をつなぐ! 千住ネギの授業が足立区立千寿双葉小学校で行われた。


足立区で実施されている千住ネギの復活授業は、初めに足立区立平野小学校で行われたことは、当ブログで紹介した。

千寿双葉小学校に行くのに、北千住駅で足立区農業委員会の方と待ち合わせを行ったが、8時に北千住と云うので6時に家を出た。
農業委員会白田正博事務局事務主査の運転で足立区依田保産業振興課長が迎えに来ていただいた。





1-1-1.JPG

命をつなぐ授業のポイントは、昨年栽培の授業を行った4年生が5年生になってから、ネギ坊主から種を採り、心を込めて後輩の4年生に手渡し、命をつなぐというもの

上の画像をクリックする
種はたくさん採れたと、足立成幸副校長に見せていただいた。
今回も、地元農業委員さんがご参加いただいて、指導に当たった。

続きを読む

2016年07月23日

江戸東京伝統野菜を食べよう! シリーズ3「寺島なす」に、皆が集まった。


西洋フード・コンパスグループが東京都庁舎32階南側の食堂内「職員クラブ」で実施している、
「江戸東京伝統野菜を食べよう! シリーズ」は、早稲田ミョウガタケ、東京うどに続く第3弾「寺島なす」は、19日から22日の間で提供されていたが、

実施にあたって、同社グループ営業開発部門特命事項担当の森川洋一部長と、マーケティング部斎藤和彦部長、管理栄養士・長谷川亜未さんが生産現場を視察したいというので、立川の代表的ナス農家、清水丈雄さんの畑に案内したのは、当ブログで紹介している。




1-1-1-5.JPG

管理栄養士の長谷川さんがどんな料理を作るのか楽しみにしていたら、寺島ナスの個性を生かしたお料理が並んでいた。

上の画像をクリックする


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺島なす、雑司ケ谷なす

2016年07月22日

新宿区立柏木小学校で実施している、鳴子ウリ栽培の経過報告、生っていた。


新宿区立柏木小学校(佐藤郁子校長) で実施している、江戸東京野菜の鳴子ウリの栽培、例年になく菜園いっぱいに繁茂していた。

1ケ月振りに伺ったが、梶谷正義先生の指導通り、4年生担任の香西克哉教諭が栽培管理を行っていたために順調に生育していた。

梶谷先生指導の、鳴子ウリ立体栽培の、ネットも張られていた。





1-1-6.JPG

鳴子ウリの花を写真に撮っていたら、「鳴子ウリの先生だ!」と云って、校庭で遊んでいた4年生が寄ってきて、「毎日、草むしっている」とか「水やりもしているよ!」と、自慢げだった。

上の画像をクリックする
確かによくできている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2016年07月21日

内藤とうがらし「葉唐辛子の佃煮」の販売が始まった。


成田重行先生が代表をしている新宿内藤とうがらしプロジェクトが実施した、「新宿内藤とうがらしフェア2016〈春〉」は、当ブログで紹介したが、その模様は、フードボイスから動画配信もされた。

同プロジェクトでは、このほど、新商品の内藤とうがらし「葉唐辛子の佃煮」を販売した、

内藤とうがらしは、香りが良いことから、江戸・薬研堀の七色唐辛子には、焼きとうがらしとして入っていた。
香りが良いから葉唐辛子としてもおいしいことから、昔から食べられていた。

佃煮は昨年から、試作をしてきたようだが、今年は6月28日に八王子の立川太三郎さんが葉唐辛子用に栽培した内藤トウガラシを、プロジェクトメンバーと、多摩・八王子江戸東京野菜研究会の福島秀史代表などが、抜き取った500株から、柔らかい葉のついた枝を切り落とし、今回は、フレッシュとして販売する分と、佃煮に加工する分を分けての作業を行った。




1-1-1.JPG

上の画像をクリックする
内藤とうがらし「葉唐辛子の佃煮」ができたと送っていただいた。

阿部さんのメールには
販売などについての詳細は、内藤とうがらしプロジェクトHP
ご案内していく予定です。

◇江戸時代に内藤とうがらしは葉唐辛子として
人気だったことから、葉唐辛子を佃煮にしました。

◇内藤とうがらしの葉唐辛子の佃煮は他にないので、
プレゼントにも喜ばれています。

◇若い葉だけを使用しているので、ゴワゴワせず、
とても食べやすなっています。

◇お子様からご年配の方までお召し上がりいただけるよう、
辛さを抑えた、甘い仕上がりになっています。

とあった。皆さんお楽しみに、


posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 内藤トウガラシとカボチャ

2016年07月20日

檜原村の農産物直売所で、伝統野菜の「おいねのつるいも」と幻の「むかしのキュウリ」を手に入れた。


今年の4月に、お世話になっている八田尚子先生や、千年太郎先生、伊東和子さんの3人で、伝統野菜「おいねのつるいも」や「奥多摩ワサビ」のふる里を訪ねるツアーを実施たことは、当ブログで紹介したが

今度は、「おいねのつるいも」を食べに行こうと云うことで、江戸東京野菜の絵本シリーズに注目している皆さんにお声をかけたら、前回のメンバーに加えで、絵本塾出版の尾下千秋社長と、江戸東京野菜四谷菜園の会のメンバーで、フードアナリストの郷家浩美さん、「トキジイと太郎杉」の絵を担当された早田優先生とお嬢さんが参加された。






1-1.JPG

JR五日市駅に10時30分集合、車2台に分乗しで移動。

上の画像をクリックする
はじめての方が、3人いたので、前回立ち寄った、「野良坊菜の碑」と、直売所に立ち寄るなどして、目的地の三頭山荘に向かった。

ばんば特産物直売所(笹野042−598−0195) では、「おいねのつるいも」を、また、観光協会の特産物直売所やまぶき屋(柏木042−598−0429)では、檜原・奥多摩の伝統野菜・幻の「むかしのキュウリ」を手に入れることができた。ラッキー!。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2016年07月19日

JA東京あおば板橋地区女性部が、料理研究家の齋藤朝子先生を招いて、江戸東京野菜の料理教室を開いた。


JA東京あおばの板橋地区女性部では、同JAの板橋地区振興センター調理室に、料理研究家の齋藤朝子先生(江戸東京野菜コンシェルジュ) を招いて、部員20名が集まり、江戸東京野菜を使った料理教室を開いた。

同JAでは、江戸東京野菜として、志村みの早生ダイコン(板橋)、雑司ヶ谷ナス(豊島区)、東京大越ウリ(北区)を始め、馬込半白キュウリ、小麦の尾島早生など、

この季節、地元農家が栽培していることから、女性部員からの希望で、地元の伝統野菜を使った料理教室を開催したもので、都合8品を作った。





1-1.JPG

JA東京あおばの板橋地区では、志村みの早生ダイコンと東京大越ウリを地元で栽培しているが、その他の野菜は練馬地区や石神井地区、大泉地区で栽培していることから、地元高島平の直売所「ファーマーズショップにりん草」に並ばないものもあることから、部員の皆さんは手に取って、齋藤先生からどのような料理に向くかなどの指導を受けていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2016年07月18日

八王子の農業が熱い!、地元誌に多摩・八王子江戸東京野菜研究会の取り組みが掲載された。


先日、多摩・八王子江戸東京野菜研究会の福島代表に、半蔵門の東京FMでお会いした。

7月20日に放送することは案内したが、そもそもは東京FMで、福島秀史代表がインタビューを受けたことに始まるが、そんなことで収録には顔を出してくれた。

帰りがけに、福島代表からロビーで最近の八王子の様子を伺った。





1-1.JPG

取り出されたのが、「たまら・び」〜まちの特集 八王子市〜

上の画像をクリックする
表紙は、八王子花街、半玉のくるみさん、先日すきや連の例会で、踊りを見せてもらった。

28ページに「八王子発! 江戸東京野菜」として、高倉ダイコン、八王子ショウガ、川口エンドウに取り組む、同研究会が紹介されていて、会員の募集も行っている。

また、マイファームニュースレター07にも、掲載されたと取り出した。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子の伝統野菜各種

2016年07月17日

NPO法人コミュニティスクール・まちデザインの講座で、江戸エコ行楽重の「会席」をいただく。


NPO法人コミュニティスクール・まちデザイン」の近藤惠津子理事長(生活クラブクッキングスタジオBELLE マネージャー)から、久しぶりに講師依頼が来た。

CSまちデザインは、今年で15年目だったか、生活クラブ館に拠点を置いて、生活クラブ生協組合員の皆さんや、学校の授業など、タイムリーな食の講座を開催していて、

2014年からは、講座情報を「CSまちデザインメルマガ」として、毎月送ってきてくれているから、近藤理事長のご活躍ぶりは、良く存じ上げていて、当ブログでも紹介している。






1-1.JPG

今回は、毎年実施しているという楠公レストハウスで江戸エコ行楽重の「会席」をいただくとと云う企画で、前回は、2013年2月に、近藤理事長に依頼されてお話をしている。

私も毎年、楠公レストハウスの江戸エコ行楽重をいただいているが、昨年の9月以来1年ぶりに、安部憲昭総料理長にお会いできるようで、楽しみにしていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2016年07月16日

皇居のお濠のり面が、きれいになり夏草が伸び始めていた。


東京FMに収録で出かけたことは昨日報告したが、

午前中は皇居外苑で仕事をしていたから、その後、半蔵門に向かおうと思ったが、桜田門から、直接半蔵門に行く地下鉄がなかったので、暑い中、汗を拭き拭き半蔵門まで歩いた。

なだらかなのぼり坂だから、余計にこたえたが、桜田濠ののり面にハマダイコンが生えていたことを5月に報告したことから、その後の確認もしたいと思っていた。





1-1.JPG

桜田濠ののり面に生えていたいた草や枯れたハマダイコンの莢などは、きれいに除去されていた。
国立劇場近くでは、7月だというのにゼンマイの葉が広がったばかりの様だった。

ハマダイコンなどの草がうっそうとしていたから、草を除去したことで、伸びてきたようだ。

上の画像をクリックする
桜田門から半蔵門までの桜田濠ののり面は、東京FMから望むと、きれいになり、新たに夏草が伸び始めていた。

半蔵門の近くになるとのり面は急斜面になるから、草刈りなどはどのようにしてやったのかを知りたかった。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2016年07月15日

7月20日(水)東京FM15:50オンエアーの〜あぐりずむ〜の収録を行ってきた。


東京FM15:50オンエアーの〜あぐりずむ〜の、永富由紀子ディレクターから電話をもらった。

永富さんは、沖縄から北海道までの全国38局ネットで日本の農業や食に関する様々な取り組みをご紹介している「あぐりずむ」毎(月)〜(木)のディレクターをされていて、

5月10日に、多摩・八王子江戸東京野菜研究会の福島秀史代表が同番組の電話取材を受けていて、その番組は当ブログで紹介している。

次回は、今話題の寺島ナスを取り上げたいと福島さんに相談したら、寺島ナスの復活経過は大竹が詳しいからと教えてもらったので電話をくれたのだという。





1-1.JPG

東京FMには2011年にスタジオに伺ったことがあり、最近ではないが、それても2013年にも、江戸東京野菜の話をしたことがある。 
電話取材は苦手なので、スタジオなら伺ってもいいと返事をした。

上の画像をクリックする。
約束の14時少し前に伺えた。

受付で聞くと、「あぐりずむ」は、8階の第5スタジオと云うので、スタジオ前に行くとそこからは、皇居が良く見えた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2016年07月14日

杉並区立成田西ふれあい農業公園で「地域の伝統野菜」の講習会が開催された。


杉並区立成田西ふれあい農業公園で「地域の伝統野菜」の講習会については、区報で募集が行われた。

同公園(受託事業者の「すぎなみ農業ふれあい村」)から、杉並区の伝統野菜「高井戸節成キュウリ」を栽培したいと、JA東京中央の杉並グリーンセンター 小野寺博鐘センター長を通して依頼があったが、

江戸東京・伝統野菜研究会としては、苗や種を提供するだけというのは、行っておらず、普及として江戸東京野菜の講座を実施していただくことを提案したら、是非ということで募集となったもの。

荻窪駅からバスで荻窪一丁目下車と、谷口吾郎所長からメールで教えていただいていたが、電車やバスの接続が良く30分も早く着いてしまった。
バス停から携帯で、農業公園への道順を教えていただいたが、途中まで谷口所長が迎えに来てくれた。





1-1-1.JPG

同公園を訪れる区民の皆さんに、高井戸節成キュウリの話をすると必ず、ここにきて珍しそうに見ていくという。
杉並の伝統野菜は、同公園にはなくてはならないものになっているという。

写真右から、すぎなみ農業ふれあい村の岡島正幸副所長、齋藤瑞枝農場管理プロデューサー、箱根植木(株)幸村世根光副事業部長、

上の画像をクリックする
農場は委託者のすきなみ農業ふれあい村の皆さんが良く管理していた。

すでに、会場を訪れた区民により、野菜の収穫作業も行っていると云っていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2016年07月13日

JR錦糸町駅ビル「テルミナ」で、秋のイベントに向けテナント説明会を行った。


昨年の9月に、JR錦糸町駅ビル「テルミナ」で、江戸東京野菜を使ったオータム・グルメ・フェスタが開催されたことは、当ブログで紹介している。

江戸東京コンシェルジュ協会でも昨年の成果を踏まえで、企画会社の、(株)ロケーションリサーチの瀬川雄貴社長に今年の開催を要請していたが、先日、「テルミナ」の会議室で、テナント向け説明会を行い、約20名にご参加いただいた。





1-1-1チャ.JPG

上の画像をクリックする
当日は、「江戸東京野菜とは」について、江戸東京野菜は、江戸から東京に至る歴史の中で食文化を育んできた野菜で、明治、大正、昭和において生まれた固定種の野菜も含むことから、「江戸野菜」「東京野菜」の分類はないことなどを説明。

また、この度の企画では、滝野川ゴボウ、寺島ナス、東京ウド、しんとり菜、伝統小松菜、内藤カボチャ、などが活用されることから、これらについて説明を行った。

また昨年料理指導を行った、上原恭子理事が、野菜の特徴と調理の仕方などについて説明。
また、試食も行った。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介