2016年07月14日

杉並区立成田西ふれあい農業公園で「地域の伝統野菜」の講習会が開催された。


杉並区立成田西ふれあい農業公園で「地域の伝統野菜」の講習会については、区報で募集が行われた。

同公園(受託事業者の「すぎなみ農業ふれあい村」)から、杉並区の伝統野菜「高井戸節成キュウリ」を栽培したいと、JA東京中央の杉並グリーンセンター 小野寺博鐘センター長を通して依頼があったが、

江戸東京・伝統野菜研究会としては、苗や種を提供するだけというのは、行っておらず、普及として江戸東京野菜の講座を実施していただくことを提案したら、是非ということで募集となったもの。

荻窪駅からバスで荻窪一丁目下車と、谷口吾郎所長からメールで教えていただいていたが、電車やバスの接続が良く30分も早く着いてしまった。
バス停から携帯で、農業公園への道順を教えていただいたが、途中まで谷口所長が迎えに来てくれた。





1-1-1.JPG

同公園を訪れる区民の皆さんに、高井戸節成キュウリの話をすると必ず、ここにきて珍しそうに見ていくという。
杉並の伝統野菜は、同公園にはなくてはならないものになっているという。

写真右から、すぎなみ農業ふれあい村の岡島正幸副所長、齋藤瑞枝農場管理プロデューサー、箱根植木(株)幸村世根光副事業部長、

上の画像をクリックする
農場は委託者のすきなみ農業ふれあい村の皆さんが良く管理していた。

すでに、会場を訪れた区民により、野菜の収穫作業も行っていると云っていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等