2016年07月19日

JA東京あおば板橋地区女性部が、料理研究家の齋藤朝子先生を招いて、江戸東京野菜の料理教室を開いた。


JA東京あおばの板橋地区女性部では、同JAの板橋地区振興センター調理室に、料理研究家の齋藤朝子先生(江戸東京野菜コンシェルジュ) を招いて、部員20名が集まり、江戸東京野菜を使った料理教室を開いた。

同JAでは、江戸東京野菜として、志村みの早生ダイコン(板橋)、雑司ヶ谷ナス(豊島区)、東京大越ウリ(北区)を始め、馬込半白キュウリ、小麦の尾島早生など、

この季節、地元農家が栽培していることから、女性部員からの希望で、地元の伝統野菜を使った料理教室を開催したもので、都合8品を作った。





1-1.JPG

JA東京あおばの板橋地区では、志村みの早生ダイコンと東京大越ウリを地元で栽培しているが、その他の野菜は練馬地区や石神井地区、大泉地区で栽培していることから、地元高島平の直売所「ファーマーズショップにりん草」に並ばないものもあることから、部員の皆さんは手に取って、齋藤先生からどのような料理に向くかなどの指導を受けていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根